PowerPointで、企画力提案力に差をつける!

0
    JUGEMテーマ:パソコン教室
    こんにちは!京急線大森海岸駅徒歩5分のハロー!パソコン教室大森校、教室インストラクターのリーです

    ブログをご覧の皆様はすでにご存知のことと思いますが、
    ハロー!パソコン教室大森校では現在冬の特別キャンペーンを実施中です。
    私も、新しくレッスンを始める生徒様とお話させて頂いているのですが、
    個人的に最近とみに感じるのが、PowerPointの人気の高まりです。

    「PowerPointといえばプレゼンテーション、私には必要ない…」 
    そんなことを思っていませんか?
    けれど、いま、教室にPowerPointを受講しにいらっしゃる生徒様のほとんどは、
    プレゼンテーションにはまったく縁のない方々なんです。

    PowerPointの特徴といえば、なんといっても
    機能的洗練されたレイアウトだれでも簡単に作れること。
    訴えたいことをわかりやすく伝えたいときに大活躍するツールなんです。
    この特徴を活かして今、企業や大学で、
    企画書や提案書、配布資料、いろいろなものがPowerPointで作られているんですよ!

    もはやWordやExcelはできて当たり前といわれる時代です。
    いま、周りに差をつけるにはズバリ、PowerPointです!

    教室でももちろん、PowerPoint講座開講しております
    是非この機に、PowerPointで新しいビジネススキル習得をはじめてみませんか?

    ハロー!パソコン教室大森校■◇■◇■◇■◇■◇■◇■

    パソコンの基礎からMOS
    対策講座まで、大田区のわかりやすいパソコン教室です!
    まずは、無料体験からお気軽にご連絡ください。

    〒143-0016

    東京都大田区大森北2-13-1 イトーヨーカドー大森店 3F

    お電話 03-3762-8600
    平日10:10〜21:40受付 休日10:10〜17:20受付



    あなたのパソコンライフをサポートする教室 www.hello-pc.net/
    パソコン初心者からMOS資格取得まで幅広く、個別指導で学べるパソコン教室です。
    MOS試験合格をサポートする教室 www.hello-pc.net/mos/
    MOS資格を就職・転職活動で活かせるよう「履歴書作成講座」もご用意しています。
    無料体験レッスンのお申込みは www.hello-pc.net/school/map/191iy.html
    土日・夜間も開校しているパソコン教室だから安心して通えます。

     

    買ってからでは遅い! Windows タブレット購入前に最低限知っておくべきこと

    0

      こんにちは
      大田区大森北 2 丁目 イトーヨーカドー大森店 3F
      ハロー!パソコン教室 インストラクターの ちか です

      年内には店頭に並ぶと予想される次期 Windows ですが
      次期 Windows には大きくわけて 2 種類あります。

      Windows 8: x86/x64 (Intel/AMD) プロセッサ向け
      Windows RT: ARM プロセッサ向け
      ((Windows 8 はさらに 3 つのエディションに分かれます。詳細はこちら))


      表題の「最低限知っておくべきこと」は
      次の 2 点です。

      Windows 8 では Windows 7 以前のアプリケーションを実行できます。
      Windows RT では Windows 7 以前のアプリケーションを実行できません

      Windows 8 には次期 Office (コードネーム "Office 15") は標準では搭載されません
      Windows RT には次期 Office が標準で搭載されます。
      ((Office 15 の開発が遅れてないか心配ですが・・・))

      すなわち
      いま使っている Windows (ネイティブ) アプリケーションを使い続けたければ
      Windows RT ではなく Windows 8 にする必要があります。

      ARM (Windows RT) のメリットは消費電力が低い (電池が長持ちする) ことにありますが
      フリーウェアに頼り切って生きてきた ちか のようなひとにとって
      いままで使ってきたアプリケーションが使えないというのは
      ケータィでメールが使えないぐらい致命的なのです。。

      ということで
      Surface も発表されたし
      Windows 8 が待ち遠しい ちか なのでした〜

      参考:
      ARM プロセッサ アーキテクチャ向けの Windows の構築 - Building Windows 8
      Microsoftの「Windows 8」、製品エディションは4つに - ITmedia ニュース
      Microsoft Windows 8 - Wikipedia


      Windows 8 Consumer Preview つかってみた その2

      0

        こんにちわ、ちかです

        前回は Windows 8 Consumer Preview の「いいとこ」を紹介しましたが
        今回は「やなとこ」です。。

        スタート画面

        Windows 8 の顔とも言えるスタート画面です。
        Windows 7 までのスタートメニューを完全に棄てて
        タイルを敷き詰めたような見た目 (Metro スタイル) に変更されています。

        そして
        (当然ながら) ユーザビリティ問題の温床です。
        「可能な操作の一覧が表示されていない」という問題であふれかえっています。

        たとえば
         (a) タスクバーにスタートボタンがない
         (b) スタート画面に検索ボックスが表示されていない
         (c) シャットダウン方法がわかりづらい
         (d) 「すべてのアプリ」表示方法がわかりづらい
         (e) 「スタートアップ」フォルダはどこ??

        (a) タスクバーにスタートボタンがない

        画面左下端にマウスカーソルを持っていってはじめて「スタート」が表示されます。
        これは見た瞬間にわかる UI ではありません。
        (すぐ慣れますし、Metro スタイルアプリにタスクバーがないことを意識したのでしょうけど。。)

        (b) スタート画面に検索ボックスが表示されていない

        スタート画面で文字列を入力すると
        その文字列を含むアプリの検索が始まります。
        これは Windows Vista / 7 と同様でとても良いのですが
        Vista / 7 とは異なりスタート画面に検索ボックスは表示されていません

        Vista / 7 のヘビーユーザーであれば
        「文字入力したら検索できるかな?」と想像して文字入力してみるかもしれませんが
        Vista 以降の Windows に初めて触れるひとは検索できることに気付くでしょうか。

        これについての Microsoft の見解はあまりに楽観的だと思います。

        この設計上の選択により、ユーザーがこの機能を発見するまでには若干の時間を要するものの、一度発見すれば、効率性が大きく向上することになります。実際的な話をすれば、この機能は通常、Windows 8 を使い始めてから何時間かで発見されるようです。このことは Developer Preview を使用されている方のツイートの動向から知ることができました。発見されなかったとしても、検索コマンド自体はそこにあり、クリック 2 回で検索ボックスに行きつくことができます。しかも、余分な UI の省略というメリットは、全員が享受できるのです。

        [Start] (スタート) 画面についていただいたコメントを振り返る - Building Windows 8

        Developer Preview を使うようなヲタクが「Windows 8 を使い始めてから何時間かで発見」できたから何だというのでしょう。
        「余分な UI の省略というメリット」の「余分な UI」とはあの小さな検索ボックスのことでしょうか。。

        (c) シャットダウン方法がわかりづらい

        マウスでシャットダウンするには次のような手順を踏みます。

        (1) 画面右上端または画面右下端をポイント
          ⇒ 画面右端にチャームが表示される ([Win + C] で代用可)

        (2) [設定] をクリック
          ⇒ 設定チャームが表示される (ここまで [Win + I] で代用可)
        (3) [シャットダウン] をクリック
          ⇒ ポップアップ [スリープ/シャットダウン/再起動] が表示される
        (4) [シャットダウン] をクリック
          ⇒ シャットダウンされる

        さて
        まず
        シャットダウンは設定なのでしょうか??
        設定チャームに置く必然性はどこにあったのでしょう。

        ちかは少なくともデスクトップ画面にはチャームは不要だと考えていますが
        あえてシャットダウンにチャームを使うなら
        終了チャーム」か「電源チャーム」あたりがあっても良いぐらいです。

        それから
        手順 (3) の [シャットダウン] はサブメニューの存在を示唆 (たとえば [▼] マーク) しておらず
        押せばすぐシャットダウンが始まるように見えます。
        「再起動」したいひとは [シャットダウン] ボタンを押下するのをためらうと思います。

        シャットダウンする方法は他にもいくつか (キーボードを使うものが) ありますが*1
        「シャットダウンしたいときまず何をすればいいか」を示すヒントがどこにもないように感じます。

        (d) 「すべてのアプリ」表示方法がわかりづらい

        Vista / 7 の「すべてのプログラム」表示方法にも文句はありますが*2
        Windows 8 はひどいです。
        「すべてのアプリ」を表示するには

        スタート画面で
        [なにもないところで右クリック] または [Win + Z]」して
        画面下方に表示される [すべてのアプリを表示] ボタンをクリック

        します。

        「すべてのアプリ」を表示したいときに
        [なにもないところで右クリック] または [Win + Z]」しようなどと
        誰が考えるでしょうか。

        「すべてのアプリ」を表示するもう1つの方法は
        [Win + Q] キーを押下してアプリ検索画面を出すことです。
        この方法は覚えてしまえばとてもラクですが
        知っているひとしか使えません。

        (e) 「スタートアップ」フォルダはどこ??

        「スタートアップ」フォルダとは
        ログイン時に自動的に実行させたいプログラムを置いておく場所です。

        Windows 7 までは「すべてのプログラム」配下にあったのですが
        Windows 8 ではなさげです。

        で、どうするか。

        スタート画面で "shell:startup" と入力します。

        誰がそんなこと知っているでしょうか。。


        そんな感じで
        かなり愚痴っぽくなってしまいましたが
        いまのところ Windows 8 は
        説明はしない。使って慣れろ。」と言っているように感じます。。

        でもとりあえず貧弱なちかの PC でサクサク動くのは素晴らしいです。
        次期 Windows がもっとユーザーに親切になることを祈ります


        *1 シャットダウンする方法いろいろ:

        (1) 本文中の方法 (設定チャーム ([Win + I]) で [シャットダウン])
        (2) デスクトップで [Alt + F4]
        (3) [Ctrl + Alt + Delete] ⇒ 電源マーク
        (4) スタート画面で "shutdown /s /t 0" と入力
        (5) サインアウトした状態で電源マーク
        (6) 電源オプション「電源ボタンを押したときの動作」を「シャットダウン」にして電源ボタン

        *2 Vista / 7 の「すべてのプログラム」表示方法の問題点:

        Vista / 7 では [すべてのプログラム] を [ポイントまたはクリック] して表示しますが
        [ポイントまたはクリック] というのはユーザーにとってストレスです。
        タイミング悪くクリックすると「すべてのプログラム」が表示されないからです。
        [クリック] のみにすべきです。

        タグ: #ちか #Win8CP

        Windows 8 Consumer Preview つかってみた 〔7 との比較〕

        0

          こんにちわ、ちかです

          2月29日 (現地時間)
          Windows 8 Consumer Preview がリリースされまして
          ちかもさっそくインストールしてみました

          ・・・ 5〜6 年前 に 7 万円で買った貧弱な Windows XP マシンの
          最初からパーティショニングされていた 8.53 GB しかない D ドライブに・・・


          まだ Metro スタイルアプリ はほぼ使っておらず
          デスクトップ画面を「ほぼ Windows 7 として使ってる」ような状況なのですが
          とりあえず使ってみた感想です

          リボン UI になったエクスプローラー

          (cf. エクスプローラーの進化 - Building Windows 8)

          ※ タブ (ピクチャ/コンピューター/デスクトップ) の表示は QTTabBar によるものです。
          標準のエクスプローラーにタブはありません。リボンのタブはありますけど。

          見ての通り
          必要な操作はリボンから行うことができます。

          これまでは多くの操作がコンテキストメニュー (右クリック) から行われていたそうですが
          コンテキストメニューは

          ・その名の通り、文脈によってメニューアイテムが異なる
           (たとえば「コピー」の位置が選択対象によって変わる)
          ・右クリックするまで内容が表示されない

          という点から目的の操作を探すのに手間がかかります。
          また、複数ファイル選択時、右クリックする場所を間違えると選択が全解除されてしまいます。

          リボンはコンテキストメニューの問題点を解消してくれそうですが
          かわりに
          ファイルを選択したあとリボンまでマウスを移動させなければならず
          マウス移動距離が大きくなります。

          コンテキストメニューもこれまで通り使えるので
          一般ユーザーがどちらの UI をメインで使うのか気になるところです。

          言語バーのない IME

          言語バー (IME ツールバー) がデフォルトでは表示されなくなり
          IME は通知領域にアイコンとしてスッキリ収まりました。

          アイコンをクリックすると
          入力モードが「[あ](ひらがな) ⇔ [A](半角英数)」の間で切り替わります。
          (要は [半角/全角] キーと同じです。)
          ユーザー辞書などの機能はアイコンのコンテキストメニューに集約されています。

          ちかはもともと言語バーが嫌いで (あのアイコン意味不明)
          Windows XP でも表示されないよう設定していました。
          デフォルトで非表示にしたのはナイスだと思います。

          また
          CapsLock キーを単独で押下すると
          [半角/全角] キーや IME アイコンクリック時と同様
          入力モードが「[あ](ひらがな) ⇔ [A](半角英数)」の間で切り替わります。
          これも個人的には良い選択だと思います (CapsLock キーは狙って押されるより事故的に押されるほうが多いので)。

          とっても広い「すべてのアプリ」画面

          Vista / 7 の「すべてのプログラム」は
          たくさんのアプリケーションをとても狭い領域に押し込めているので
          目的のアプリケーションを探し出すのが困難です。
          (したがって「すべてのプログラム」を使わず検索を使うことになるのですが。。)

          Windows 8 の「すべてのアプリ」では画面全体にアプリを並べています。
          さらに
          フォルダによる階層化のかわりにグループ化を用いているため
          アプリは最初から全て見えています。
          目的のアプリを見つけるのは Vista / 7 に比ればラクになったと思います。 (とはいえ結局検索を使うのですが。。)


          そんな感じで
          今回は Windows 8 の「いいとこ」を紹介しました。
          次回は Windows 8 の「やなとこ」を紹介します

          タグ: #ちか #Win8CP

          | 1/1PAGES |

          教室情報




          ハロー!パソコン教室
          イトーヨーカドー大森校
          〒143-0016
          大田区大森北2-13-1
          イトーヨーカドー大森店3F
          お問合せ(お電話)
          03-3762-8600

          営業時間などの詳細はこちらをご覧ください
          ハロー!パソコン教室イトーヨーカドー大森校無料体験レッスンのお申し込みはこちらから
          ハロー!パソコン教室イトーヨーカドー大森校の地図

          MOS試験会場校

          大森校はこんなところ!


          明るく楽しいスタッフ達があなたのやりたいことを徹底的にサポートします!
          MOS資格も保持していますので、安心して何でもご質問ください!

          MOS合格の生徒様
          大森校ではMOS資格を取得された生徒様が多数いらっしゃいます!
          合格率100%を誇る教室で、あなたもきっと合格できます。

          安心の個別学習
          レッスンは集合形式ではなく、個別学習式。パーテーションで区切られた個別空間でご自分のペースでレッスンを受講いただけるのが人気の理由の一つです!

          緊急雇用安定助成金のお知らせ
          中小企業の企業主さまへ
          緊急雇用安定助成金のお知らせ

          教育訓練給付金制度のお知らせ
          雇用保険に加入している方へ
          教育訓練給付制度のお知らせ

          iPhone講座 開講中
          iPhoneの使い方を
          基礎から丁寧に学べます。

          最近の記事

          カテゴリ

          アーカイブ

          コメント

          時間割

          10:10〜
          11:10〜
          12:20〜
          13:20〜
          14:20〜 休み時間
          15:20〜
          16:20〜
          17:30〜
          18:30〜
          19:40〜
          20:40〜

          その他のリンク

                  

          Microsoft Office Specialist

          サイト内検索

          その他

          携帯用QRコード

          qrcode

          PR